TECHNIQUE

【スマブラSP】下スマッシュを選択したい場面と効果的な振り方【初心者向け】

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

みなさんこんにちは、キシルです。

今回は「下スマッシュ」という技に着目してみたいと思います。

横スマッシュ、上スマッシュはそれぞれ横方向・上方向への撃墜技として使い方がイメージしやすいですが、下スマッシュの使い道がイマイチわからないという初心者の方は多いのではないでしょうか。

もちろんキャラによって性能は異なりますが、多くの場合

  1. 攻撃範囲が前後両側にある
  2. スマッシュの中で比較的発生が早い
  3. 崖下に当たる

というある程度共通した特徴があります。

今回はこの3つのポイントを踏まえて、下スマッシュの効果的な振り方を伝授します。

前後両側への攻撃範囲を活かした振り方

下スマッシュが前後両側に対応しているという点はマリオ、リンク、ピカチュウ 、ジョーカーなど、非常に多くのキャラが該当します。

回避読みの下スマッシュ

前後両側に出るため、回り込む回避をされても当たることが特徴的です。

回避しそうなところで下スマッシュを選択する事で、相手が回避をしていなかった場合にも当たる可能性を残しながら、回避にリスクをつけることができます。

受け身展開での下スマッシュ

相手が低くふっ飛び、台上で受け身になった際の下スマッシュは、その場受け身、回り込む受け身の両方を狩れる事があるので非常に強力です。

もし台の端で受け身を取らせた場合には全ての受け身に対応ができる場合もあります。

受け身展開での下スマッシュは特にわかりやすく強力な使い方なので、ぜひ狙ってみましょう。

後ろ側をガードさせる下スマッシュ

前→後ろという順番で攻撃をする下スマッシュの場合、後ろ側を相手に当てることで、ガードされた場合にリスクを小さくできることがあります。

代表的な例としてはピット、ウルフあたりでしょうか。

ローリスクな撃墜択として使える場合があるため、覚えておきましょう。

近い崖側にふっ飛ばす下スマッシュ

下スマッシュの中には、クラウドやガノンドロフなど、相手を巻き込んで後ろ側にふっ飛ばせるものがあります。

自分が崖端にいた場合、巻き込んだ方が近い崖外にふっ飛ばせるため、非常に強力です。

反撃の際に最大リターンになる場合もあるため、意識して使えると良いでしょう。

発生の早さを活かした振り方

マリオ、ピカチュウ 、アイク、リュウなど、スマッシュの中で下スマッシュが最も発生が早いということがよくあります。

反撃で下スマッシュを選択する

発生の早さを活かし、下スマッシュで反撃することで高いリターンを得られることがあります。

撃墜だけでなくダメージも狙えるため、咄嗟に下スマッシュが打てるといいですね。

よく使う場合には、Cステスマッシュで反撃を狙うことも有効です。咄嗟の入力がやりやすくなるのでおすすめですね。

ちなみに、ジャストシールドができた際の反撃としては、両側同時に出るタイプの早い下スマッシュが特に便利です。

空中技やダッシュ攻撃をジャストシールドした際に、自分の前後どちらに相手がいたとしても、下スマッシュを撃つことで安定して高いダメージを与えられることがあります。

代表的なのはピカチュウ、フォックス、ロボットあたりでしょうか。

確定コンボの下スマッシュ

ピカチュウ、シーク、ジョーカーなど、確定コンボに繋がる下スマッシュもあります。

他のスマッシュでも確定はするが、下スマッシュが最も簡単という場合もあるため、下スマッシュの用途としてはかなり実用的です。

自キャラの確定撃墜コンボはよく理解しておきましょう。

崖下への攻撃判定を活かした振り方

「下」とつくだけあり、ウルフ、スネーク、ゼロスーツサムス、インクリングなど、崖下に当たる技も多いです。

崖捕まりの瞬間を狙う

相手が復帰で崖を捕まる瞬間の下スマッシュは、撃墜の選択肢として非常に強力です。

復帰のタイミングがわかりやすいキャラに対しては特に積極的に狙いたい選択肢ですね。

最も代表的で強力なのはゼロスーツサムスかと思われますが、当たりやすさ、撃墜力の高さに加えて、後隙の少なさが加わるところが強力です。

崖捕まりの瞬間に下スマッシュを狙うはいいが、外した場合に後隙が大きく必ず崖を上がられてしまうようでは、使い勝手はあまりよくありません。

このような要素を理解し、自キャラの下スマッシュが崖捕まりの瞬間に狙いやすい技なのか考えてみるとよいでしょう。

崖捕まりの無敵が切れるタイミングを狙う

こちらは、相手がすでに崖に捕まっており、無敵が切れたところを狙う使い方です。

上記の狙い方と異なり、不意に狙う下スマッシュになるため、後隙よりも発生が早い方が魅力的になります。

発生が早く、かつ崖下に当たる下スマッシュを持っている場合には、崖高まりの長めなプレイヤーに対して撃墜択として狙うのもよいでしょう。

忘れたところに撃つととても強力です。

まとめ

下スマッシュは前後に攻撃範囲がある場合相手の転がり回避や受け身展開で刺さりやすく、発生の早さを活かした反撃やコンボパーツとしての選択肢として強力です。

崖下に届く下スマッシュを持っているファイターであれば、うまくタイミングを合わせて早期撃墜を狙ってみましょう。

キャラによってはこの記事で述べた項目に当てはまらないものもありますが、各スマッシュをどう使い分けるかという面で参考にして頂けたら幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人