MEASURES

【スマブラSP】高性能な剣士ファイター「ルキナ」の対策を教えます

twitter
line
hatena

この記事を書いた人

どーも!Raitoです。

今回は高性能な剣士ファイター、ルキナの対策について触れていきます。

最近数を少し減らしてはいるものの、依然強キャラとして名高いこのファイター。

武器判定の押し付けが厄介ですが、対策を積めば生身のファイターでも勝てないことはありません!早速その弱点について触れていきましょう。

技を振らせて反撃を取る

ルキナは空中攻撃の性能が抜けて強いファイター。前空中や上空中、空Nは性能が高いだけでなく、序盤に喰らってしまうとそこからコンボが始まってしまいます。

しかしこれらのワザはガードさせて有利な一方で、全体フレーム自体はそこそこ長めなのでガードをしなければ意外と後隙があります。

ルキナ側はコンボの始動のために空中攻撃を押し付けたいという意図があるので、こちらはそれに合わせてステップや回避で避けることで反撃を取りにいくことが可能です。

ガードをしてから反撃を取ろうとしてもルキナ側の回避orガードが間に合ってしまうか、様子を見るためにガードをこちらが貼り続けると最悪NBでシールドを割られてしまうことも…。

まずはステップと回避でルキナのワザを避けつつ反撃を取るようにしましょう。DAやリーチの長い空中攻撃なんかは反撃も取りやすいので咄嗟の場面で出すのにオススメです。

ダッシュをしてきたらガードを貼る

ルキナが空中にいる時はガードに頼らずステップや回避を使うのが反撃を取るコツですが、これらのステップは滑り横強(走行中に出す横強)で咎められてしまいます。

引きステップ→前ステップで相手の空中攻撃を避けつつ反撃を取ろうとするファイターは大体この横強にやられます。

生身ファイターで対ルキナが苦しいと思ってしまう理由の大半はこれです。しかしこの横強はガードされると不利でかつ、走行中にしか出せないという弱点があります。

横強をしっかりガードできればシールドキャンセル空中攻撃や上スマッシュで反撃が取れるので、相手がダッシュを入れてきたら引きステップ後にちゃんとシールドを入れるようにしましょう。

浮かせたところを叩き続ける

空中攻撃の性能が高い一方で、空中の運動性能はかなり弱めに設定されているのがルキナの特徴。ふわふわと浮くような感じで落下速度も遅いので、着地狩りの拒否が苦手です。

横方向には1Fから無敵がる最強の対空技ドルフィンスラッシュ(上B)があるのでまだマシですが、真下方向に出せる暴れ技は発生がそこそこ遅めな空中下しかありません。

一度浮かせてしまえば永遠にお手玉してしまうことも可能なほどです。

ルキナ戦は純粋に殴り合ってもリターン負けすることが多いので、基本上に浮かせて有利展開を継続させるようにしましょう。

防御面にどうしても穴がでてくるファイターなので、浮かせてしまえばいくらでも火力を取るチャンスが生まれてきます。

また空中からの差し込みが遅い分、飛び道具の対処も他キャラと比べると苦手です。

地上を飛び道具で制圧し、浮いたところを落とす飛び道具ファイターの基本的な行動でかなりルキナ側の動きを制限できるので、飛び道具で制圧するのもかなり効果的でしょう。

下強に反撃は取らない

下強はルキナの地上技の中で最強と言われる程に高性能なワザ。姿勢、発生、後隙、リターンどれを取っても一級品です。

80%を超えてくるとダウン展開から横スマッシュ、下スマッシュが確定してしまい早期撃墜にも繋がってしまう程。

ラインも同時に上げられてしまうので仮にスマッシュが入らなかったとしても苦しい状況が無限に続いてしまいます。

ガードから反撃が難しい

特にヤバいのがガードさせて有利という面。

ルキナの下強はあらゆる行動で後隙をキャンセルできるのですが、下強後にルキナ側がシールドを貼ると密着状態でも掴みで反撃が取れなくなるというとんでもない状況を作り上げてしまいます。

この下強は空中攻撃と違い見てから対処することがほぼ不可能。

ただし%が溜まってくると使用してくる頻度も多くなってくるので、事前に打つことを予測できればSJ攻撃を被せることが可能です。

まずはしっかり距離を取ろう

ガードした場合は反撃がほぼ取れないので、まずは距離を取りましょう

ガード解除後ろ回避や、ガーキャン引きジャンプなど、ルキナが下強を連打する状況から抜けることを優先させます。

下強を連打してくる場合は2回目の下強のタイミングでSJ空中攻撃をするのが良さげです。また内回避をして相手の背面を取っても良いでしょう。

少し難しいですが下強の連打のタイミングが一定であればジャストシールドを狙うのも効果的でしょう。

ただしこれらの動きに対してはルキナ側も対処が可能なので、いずれにせよ読み合いは発生してしまいます。

上手いルキナ使いは下強の後にジャンプを読んで空中攻撃で潰してくる動きを取ってくるので、ジャンプのみに頼った動きは大変危険です。

またガードを貼り続けるのもNBの起点を作ってしまう(下強→NBは確定シールドブレイク)ので同様に危険が伴います。

一辺倒な対策だけではなく、下強の度に対策の択を変えられるようたくさんの対策を用意しておくのが大事です。

おわりに

いかがだったでしょうか!

今回は特に、崖周り以外のニュートラルな差し合いのあれこれについて触れてみました。

ルキナの奥深い崖関連の読み合いは長くなってしまうので、また別の機会に紹介させてもらえればと思います。

それでは!また次回の記事でお会いしましょう!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena

この記事を書いた人