MEASURES

【スマブラSP】クロム対策、復帰阻止は必ずするべし

どうもこんにちは、まさしです。

今回はクロム対策に関して紹介していきたいと思います。動画でも解説していますので、合わせてご覧ください。

クロムは攻めが非常に強く、復帰が非常に弱い極端な性能を持つキャラクターです。ただ復帰が弱いとは言え、間違った復帰阻止を行えば逆にこちらがストックを失うことも多々あります。

攻めに関しても尖りに尖った性能を持っていますので、対クロムに困っている方はこの記事を見て参考にして頂ければと思います。

立ち回りで意識すること

空N運びは上方向へベクトル変更する

クロムの差し込み技でありコンボ始動技でもある空Nですが、上方向へベクトル変更することで早めに抜けることができます。

外側変更すると最悪空N運びから上Bで道連れコンボに繋げられてしまうので要注意です。

クロム側に被ダメージ補正が付いていると外側変更の方が良い場合もありますが、基本的には上変更で覚えておいてOKです。

序盤は空上裏当ては要注意

自身が低%の際に気を付けることです。

クロムの空上裏当てはコンボ始動技として非常に優秀で、当たってしまうと40%は簡単に受けてしまうので、不自然にクロムが密着気味にジャンプを多用していたら空上を警戒しましょう。

対処方法としては空上の発生前に対空を狙うか、ガードに逃げる対応が良いかと思います。

先端をガードしてしまうと反撃は難しいのでガーキャン掴み等は仇になることが多いです。

差し込みに対してジャストシールドを狙う

剣士キャラに対して有効な防御手段です。クロムも例外ではありません。

単発技が多く比較的狙いやすいので、「空前」「空上」等の空中技に対してジャストシールド狙うことでクロム側としても攻めを顕著してしまいます。

また「弱攻撃」先端で固められた場合も、ジャストシールドを狙うことで反撃を取れたり不利状況を回避することができるので、適度に狙うことも必要です。

狙いすぎると逆にすかし行動等で対応されるので注意です。

下強ダウンからの展開について

クロムの下強は差し込み技としても優秀ですが、ヒット後のダウン展開からの読み合いで横スマで撃墜を狙うことができます。

そもそも当たらないことを考えるとジャンプで避けるのが理想ですが、下強に当たってしまった時の対処方法としては下記2つが理想の選択肢と言えます。

  1. ステージ中央へ転がり受け身を取り、撃墜しないようにする。
  2. 下強を上方向へベクトル変更してダウンしないようにする。

①は自身の%にもよりますが、約70%程度であれば多少ホールドされた横スマを受けても撃墜しないことが多いので、例え読み負けて横スマを受けても撃墜しなければOKというスタンスです。

②は自身が約100%を超えた時に有効な方法です。下強を上方向へベクトル変更することで、高く浮くのでダウンすることから免れます。

自身が100%を超えていた状態で下強を外側変更等すると横強でも撃墜してしまうので、上変更が理想的です。

「弱→空後」の「弱」は外側へ変更

クロム定番の撃墜手段として「弱→空後」コンボがあります。

確定%帯もそこそこ広く、ガードされても大きな反撃を受けない、崖上がりのタイミング等で当たってしまうと早期撃墜されてしまう等、非常に優秀なコンボです。

この「弱→空後」のコンボは「弱攻撃」を外側へベクトル変更することで空後が確定しなくなります。

対戦する中で相手クロムが弱を置きやすい状況を読み、外側へ変更する意識も大切です。

復帰阻止で意識すること

上Bの復帰阻止は上昇中を狙う

クロムの上Bは上昇前にアーマーが付いているので、発生直後を攻撃するのは危険です。逆にこちらが大ダメージを受けてしまいます。

上Bを狩りたい場合は上昇中のクロムを狙いましょう。上昇中はアーマーもないので、上昇の軌道上に持続の長い技を置いておけば比較的簡単に狩ることができます。

その時はなるべく吹っ飛びベクトルが低い技を当てるのが理想的です。または真上からメテオ技を置くことも非常に有効です。

上昇した後の回転しているクロムは攻撃判定を纏っており、リーチが長い攻撃であれば狩ることも可能ですが少し難しいので崖上から狩ることが狙えそうなら狙うくらいの意識を持つのが良いでしょう。

また、マリオの下B、ゼニガメのNBのように放水系の技で上昇中の上Bを押し出すのも有効です。

移動回避の崖掴みを狩る

復帰が弱いクロムにとって、移動空中回避で崖を掴みに行くことも多いです。狩り方としては下記2つが有効的です。

  1. 崖上から下強等の攻撃を合わせる
  2. 崖を降りて持続の長い空中技を置く

①はゼニガメ、バンカズ、ウルフの下強のように崖上から撃墜を狙いやすい技や、クラウドやジョーカーの下強のように吹っ飛びは上方向でも崖掴みの硬直に当てやすい技で追撃を狙うのも有効です。

②の場合は崖を降りてから、マリオやウルフの空N、クラウドやルキナの空前等を崖前に置くと狩りやすいかと思います。

まとめ

以上が、クロム対策となります。クロムは復帰が弱い分、立ち回りが非常に強力です。

対策をしておかなければ1つの判断ミスで自身のストックを失いますので、しっかり対策を積み長生きできるようにしましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

この記事をシェアする
twitter
line
hatena