【スマブラ3DS/WiiU】対飛び道具キャラ攻略法 ロックマン・ミュウツー・ルフレ編

大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ)における飛び道具キャラの対策方法を連載で紹介しています。前回までの内容は以下の記事で書いているので、おさらいしてみてください。

▼飛び道具対策【基礎編】

▼飛び道具対策【むらびと・トゥーンリンク・リンク編】

今回はロックマン・ミュウツー・ルフレについて書かせてもらいます!

ロックマン

ロックマンは、ロックバスターを主軸として、相手の立ち回りを弱くして戦うキャラらしいです(きしゃ談)

ロックバスターはあまり気にしない

ロックバスターの対処を知らないとよくわからないうちにずるずるいってしまいがちです。

発射されたロックバスターは被弾しても気にしない。根元にある吹っ飛び判定にあたるとラインをもってかれるのでその点のみ注意します。

ロックバスターで固めたあと、ロックマン側から崩しに来るダッシュ掴みなどの行動を意識して狩ってダメージレースで勝つイメージです。

ロックバスターを打ち続けるにはどこかでジャンプを挟んでキャンセルしなければならないので、そのジャンプのタイミングに技をねじ込むのがシンプルに強いです。

フォックスなどの優秀なダッシュ攻撃を持つキャラはジャンプでロックバスターをキャンセルした着地部分にダッシュ攻撃を合わせることができるらしく、ロックマンから見たフォックスが厳しいとされる理由の1つらしいです。

相手の火力が高い技に注意

被弾率ではなくダメージレースで勝っていきたいので、相手の火力の高い技を通すのは勿論NGです。

代表的な例としては、着地空中上攻撃、メタルブレード落としあたりになります。どちりも当てた後の火力や展開がかなり良く強行動です。

相手の着地際には常に空中上攻撃を意識。相手がメタルブレードをもっているときは無闇にガードを張らないなど個別で対策して、ダメージレースをカットしていく必要があります。

崖は一瞬のゴール

ロックマンというキャラは、崖上がりがとにかく弱いです。崖際まで追い込めばダメージもとれるし撃墜展開も作りやすいので、慎重に少しずつラインを詰めていくのもロックマン対策としてはありだと思います。

ミュウツー

飛び道具を持っているキャラの中でも、屈指の火力と撃墜力をもったこのキャラは一概に飛び道具だけを対策して済む話ではなく、下強、空前、空Nと他にも対策をしたい技を数多くもっています。

そんな中でもシャドーボールという飛び道具があるからこそ、他の技を活かせるような駆け引きができると勝手に思ってます。逆もまた然り。

最近の私の悩みの種でもあり正直自信をもって対策を書けるわけでもないですが、日本最上位プレイヤーであるKENさんが答えていた質問箱が、結局対ミュウツーの真理な気がします。

試される間合い管理能力

ミュウツーの下強は、リーチも長く、展開もよく、後隙も短い超優秀技。ステップの出始めや技の出始めにひっかけられないような間合い管理が大事なのだなと常々感じます。リスクは無理にはつけずに付き合わない姿勢も大切です。

地に足をつける

キャラや展開にもよるとは思いますが、適当な場所でジャンプをしていると、空中N攻撃や空中前攻撃での空対空が強すぎて落とされてしまう。

それを嫌って咄嗟に2段ジャンプを使うとシャドーボールでの着地狩りや、本体の機動力を活かして追って来る。不利な展開になりがちです。

地に足をつけて相手の意識外にダッシュガードや攻撃をかける。ゆさぶりの選択肢もいくつか用意しておく。のがいいと現時点では考えています。

ルフレ

このキャラの飛び道具は、待ちきれるほどの性能はないですが、機転を作る上ではかなり優秀な技です。

サンダーソードでの火力と撃墜力。投げからのコンボもあるこのキャラは相手を引かせる圧力もあります。ゴリラ呼ばわりされることもしばしば・・・。

ギガサンダーは最警戒技

スマブラをある程度やってる人ならわかると思いますが、この技ガードしても被弾しても掴みが確定したりして、展開が最悪です。

ギガサンダーになるタイミングは、エフェクトで判断できます。

1枚目がエルサンダーで、2枚目がギガサンダーです。ギガサンダーの断続はそれほど早くないので、ほぼほぼ見てから対処できます。

飛び道具を勝ち合わせて、潰したり、回避でよけたり、消費されることを第一に立ち回るのが大事です。

揺さぶりの択を多めに

ルフレのサンダーソードは、置き技としての性能が優れています。相打ちでの判定勝負で勝てるはずもないので技を振らせます。差し込みのフェイントを増やして、揺さぶりをかけるとやりやすいです。

ミュウツーと同様に空対空も比較的さけて、地に足をつけるのも大事です。

暴れの弱いところをつく

前記事で紹介したリンクと同様にルフレは発生フレームが全体的に遅めに設定されているので、それを利用して展開を早くして一気に行くことも大事です。

ただ暴れの発生が間に合ってしまえば、判定の強いサンダーソードで追い払われるので対リンクと比べると慎重に判断する必要はあります。

さいごに

前回記事の予告では、ダックハントも記載しようと思っていましたが、ダックハントだけで1記事かけそうな勢いだったので辞めました。また別であげようとは思いますのでお楽しみに!

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る