スマブラプレイヤーが発信するゲーミングメディア「Smashlog(スマッシュログ)」

更新日:2018年8月6日

プレイヤーが発信するゲーミングメディアSmashlogがオープン!

Smashlog(スマッシュログ)はプレイヤーが主体のゲーミングメディアです。スマブラシリーズを中心に、現役の選手や大会運営者など、現場のプレイヤーが主体となって情報発信をしています。

これまでよりも一層選手達の人となりを知ってもらったり、オフ大会やその他イベントの空気感をもっと新規の方にも伝えていったり、プロ選手による技術的なノウハウを初心者の方にも参考にしてもったりしながら、Switch版の新作に向けて界隈を盛り上げていきたいというのが僕たちの目的です。

参加メンバー

Smashlogのメンバーは現在6名です。

国内外のトーナメントシーンで活躍するプレイヤーをはじめ、企業のスポンサードを得るプロゲーマー、非公式大会の主催者やスタッフ、実況解説者など、界隈に対して大きな影響力を持つメンバーで発足しました。

Abadango(あばだんご)

redbull.comより

スマブラXよりプレイヤーとしてのキャリアをスタートさせ、現在ではfor WiiU版におけるワールドクラスのトッププレイヤーとして世界的な知名度を誇る。

EVO2016出場後には海外の名門チーム「Luminosity Gaming」に1年間所属し、現在はフリーのスマブラプレイヤーとして活動中。

2018年6月にアメリカで開催された世界最大のゲームサミット「E3(Electronic Entertainment Expo)」には日本人プレイヤーとして唯一招待選手として参加するなど、Switch版新作においても最も注目されるプレイヤーの一人。

本人による自己紹介はこちら

CND|Raito(ライト)

redbull.comより

Candee社とのマネジメント契約を結ぶプロスマブラプレイヤー。

数少ないダックハント使いの中で世界を代表する存在であり、EVO2018ではTOP8入りの快挙を果たす。

日本人プレイヤーの中でも特に海外トーナメントシーンでの活躍が際立っており、持ち前の明るいキャラクターから国内外に多くのファンを持つ。

本人による自己紹介はこちら

takera(たけら)

©️Darimoko

スマブラforWiiUのリュウ使いとして、世界一の評価を受けるトッププレイヤー。国内外でも上位の戦績を残している。

活動の幅はプレイヤーに留まらず、平日オフ大会「闘龍門」の主催者を務めるほか、自宅に他プレイヤーを招いた宅オフも開催するなど、国内有数のスマブラ界隈への功労者の一人。

本人による自己紹介はこちら

エル

国内最大のスマブラオフ大会「ウメブラ」のメインスタッフを務め、古くから界隈に身を置き国内外の著名なプレイヤーとも幅広い人脈を持つ。

現在はプレイヤーとしての第一線を退いているが、スマブラX時代からの古参勢として確かな実力を備えた上位プレイヤーの一人として数えられていました。

Switch版でのプレイヤー復帰も示唆しており、大会運営、そしてプレイヤーとして界隈に貢献している。

本人による自己紹介はこちら

Shogun(しょーぐん)

©️Darimoko

京都大学出身の超インテリスマブラー。国内のトーナメントシーンにも常に上位勢として名を連ねている強豪フォックス使い。

スマブラX時代から全一スネーク使いとして界隈に名が知れており、豊富な経験と緻密に分析されたスマブラノウハウを活かした記事はSmashlogでも人気コンテンツになっています。

EVO2018によしもとゲーミングのスポットスポンサーのもとTOP8の戦績を収めたちょこ選手への単独インタビューも多くの注目を集めました。

本人による自己紹介はこちら

キシル

プレイヤーとして多くの大会に出場する傍、その豊富なキャラ知識を活かし実況解説者としても認知されている数少ないプレイヤー兼実況者。

幅広い人脈を持ち、プレイヤーへのインタビューや大学スマブラサークルなどのローカルコミュニティに関する記事も執筆しています。

本人による自己紹介はこちら

どんな記事を書いていくのか

選手のことをもっと知ってもらいたい

ゲームに限らず、選手のことをどれだけ知っているのかで応援する気持ちもだいぶ違ってきますよね。

ボクシングに興味がなくても、「家族を養うために、次勝てなかったら引退して就職します」とか言われちゃうと応援したくなります。

Smashlogに参加しているメンバー以外の人たちにも積極的にインタビューなどさせて頂いて、どんな選手達が活躍しているのかを非ガチ勢にも知ってもらいたいです。

大会のことをもっと知ってもらいたい

スマブラ界隈にとって、オフ大会のコミュニティってすごく重要な存在ですよね。

大会に関わる人たち、選手もスタッフも、どんどん増えていければみんな幸せになれると思います。

国内外にどんな大会やイベントがあって、どんなことを、どんな人たちがやっているのかっていうのを伝えていきたいです。

もっと強くなってほしい

Smashlogでは、現在第一線で活躍するプレイヤーによる戦術的なアドバイスや、練習法について惜しげも無く記事にしていきます。

なかなか周りに強い人がいなくてほぼ独学になっちゃう人とか、プロでもアマでもレベルを問わず、Smashlogを見て強くなったって言う人を増やしたい。

全体的なレベルが上がっていって、どんどんコミュニティに参加してもらって、界隈の発展に繋がってほしいです。

ゲームで食えるようになりたいしなってほしい

まだまだ胸を張ってゲームで生活できる世の中にはなっていないですし、Smashlogのメンバーも皆んな同じく悩み、様々な関わり方で試行錯誤しています。

僕らが実践してよかったことや、失敗してしまったことなども色んな人に読んでもらえる形で残していって、ぜひ色んな意味で参考にしてほしいです。

これからSwitch版の発売を機にスマブラで食べていきたいっていう人がたくさん出てきて欲しいし、僕らと一緒に成長していってもらえたら嬉しいです。

僕らは本気で胸を張れるような世の中にしていきたいし、先陣を切って成功体験をつくっていって、皆さんに共有していきたいと思っています。

メンバーはいつでも募集しています

僕たちはSmashlogに関わる人は選手もスタッフも、多い方が良いと思っています。

でも、増やせば良いってものでもないので、ある程度選ばせていただくっていうことは出てくると思います。

こんな人に参加してほしい

自分を売り出す強い気持ちがある人

そもそもSmashlogは複数の選手や大会スタッフたちによるブログメディアですが、これは1人だと中々メディアを育てるのって難しいよねっていうところからチームを組んでいる側面があります。

なので、1人でブログや配信を頑張っているけど中々芽が出ないって言うことで悩んでいる人とかは、ぜひ一緒に力を合わせていきたいですね。

途中で投げ出さない人

ブログに限らず、なんでも「継続すること」ってすごい大事です。

だから、ノリで入ってきて途中でやっぱ辞〜めたっていうのはナシでお願いしたいです。

すでに頑張っている人

ブログとかって「何を書いているか」も大事ですが、「誰が書いているか」もすごく大事。

だから、すでに多方面で勢力的に活動している人に情報発信のチャネルとして活用してもらって、win-winになれるような人にきてほしいです。

お問い合わせはこちら

Twitterアカウントを開設しましたので、興味のある方はこちらからDMを送ってください!あと、ぜひフォローしてください!

スマッシュログ公式

書いた人:スマッシュログ公式

トッププレイヤーが発信するゲーミングメディアSmashlog。YouTubeチャンネル「SmashlogTV」ではメンバーのトーク番組や平日オフ大会「闘龍門」を配信中。

RECOMMEND合わせて読みたい

トップに戻る